レーザー脱毛後に起こる毛嚢炎

###Site Name###

最近は、以前に比べ比較的安い料金でレーザー脱毛を受けることができるようになったこともあり、脱毛の施術を受ける人が増えているようです。

脱毛と言えば女性が受けるイメージが強かったのですが、最近は、男性もひげの脱毛を中心に施術を受ける人が増えています。

レーザー脱毛は、脱毛の施術の中でも効果が高く、施術中に痛みがほとんどないこともあり、人気が高まっています。レーザー脱毛は、レーザーの熱エネルギーで毛根を破壊し、毛が発達するのに重要な部分である毛嚢という部分にも損傷を与えることにより永久脱毛の効果をあげていくという脱毛方法です。強い熱エネルギーがあてられるので、誤った施術方法がとられると火傷などの肌トラブルが起こる場合があります。

火傷が起こった場合は、すぐに医師に処理をしてもらう必要があります。

また、火傷まではいかなくても、施術を受けた部分に赤いニキビのようなものができることがあります。

脱毛でお悩みの方は是非ご確認ください。

これは、毛嚢炎という症状です。
毛嚢炎は、火傷を起こしたところに雑菌が入ることにより起こる症状です。レーザー脱毛の施術後に起こりやすい肌トラブルの1つなので、施術後にこの症状が起こったという人も少なくはないようです。



患部を手で触るとよりひどくなることが多いと言われているので、気になっても触りすぎないように注意しましょう。
毛嚢炎が起こったら、適切な処理が必要になります。
症状が出たら、消炎剤などを処方してもうらことができるので、早めに医師に相談しましょう。